リッチスタイルエージェントは価値ある投資用「1棟マンション」「1棟アパート」をご提供します。

不動産投資とは?

不動産投資とは

不動産投資は大きな収入が見込める?
資産運用において、低金利の債券・預金が既に投資とは呼べない状況にある中、投資用不動産で得られる安定的かつ継続的な現金収入(家賃収入)は、国内投資では最大級のインカムゲインといってもよいと思います。
銀行融資は必要なの?
投資用不動産への投資資金は、自己資金とともに銀行融資を併用することが一般的です。銀行融資を利用することで、自己資金の10倍以上の資金で投資する例は普通にあります。さらに、価値の高い良質の物件を探し出すことができれば、自己資金を使わずに投資用不動産を購入するケースもあるようです。
しかし、注意が必要なのは、銀行ごとにローンを組む際のスタンスに違いがあるという事です。物件に対するローン評価の付きやすさが銀行によって異なってくるということです。投資したい物件に対し有利な借入れを行うためには、経験豊富で親身に相談にのってもらえるエージェントとのパートナーシップが必要不可欠だと思います。
不動産の価格変動リスクは補えるものなの?
不動産投資においては、不動産価格の上昇にともない売却益を狙いたいところでも、価格の下落に伴い売却益が狙えないケースは確かにあります。しかし、投資用不動産を長期間保有していると実質的な利益につながることがあります。
これは、長期に保有することにより家賃収入による銀行へのローン返済が進み、売却価格から投資資金を差し引いた額が、ローン返済額を上回ることにより利益につながるというものです。
基本的には、物件を長期に保有し家賃収入を得続けることで、物件の価格変動リスクをカバーすることが可能になります。
不動産投資は年金以外の収入確保になる?
銀行へのローン返済の終了は、投資物件が完全にお客様の資産になったことを意味しています。
これは、これまでローン返済に充てていた家賃収入が全てお客様の収益となり、投資用不動産への投資の最大喜びかもしれません。ローン返済能力のあるうちに不動産への投資を行うことは、年金以外の収入確保を目指す確実な方法の一つと思われます。
不動産投資はデフォルトリスクがない?
デフォルトリスクとは、貸したお金を回収できなくなる可能性のことです。投資先の倒産などにより発生しますが、不動産の場合は不変といえる「土地」と保険により火災などから損失をカバーできる「建物」からなっており、コストはかかますが投資用不動産にはデフォルトリスクは低いといってもよいと思います。
他の投資にないリスクは?
やはり投資用不動産にもリスクはあります。それは投資物件に対し、投資家自らが管理しなければいけないリスクです。そのため、いかに安定した家賃収入を長期にわたり確保するかが常に課題となります。物件購入時に、物件の品質、近隣の状況把握などに気をつかい、購入後も物件の品質維持、優良賃借人の確保、空室になった時の募集などを投資家自身が実施していかなければなりません。
投資の中でも収益確保でメリットの大きい不動産投資は魅力です。
まずは、信頼できる相談相手と出会う事から始めてみてはいかがでしょうか?
当社もその一つに選んでいただけると幸いです。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-6804-1794 平日10:00 - 18:00(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社リッチスタイルエージェント All Rights Reserved.